ひるね

連続する一つの感情

透かした紙の向こうに。
e0182505_030503.jpg

あるか無いかの世界と、
消える音と見えない素顔、
ちらつかせた腰の刀をしまう前に、
ただ一つ確かな今を。
ただ確かに握り締めながら。
[PR]
by katsuraf | 2011-01-22 00:34