ひるね

カテゴリ:Nikon D90( 74 )

指の傷がいつまでも消えない

1/24、東京の夜。
e0182505_21114611.jpg

いつぶりの雨だろうか、
傘も持たずに帰り道、
駅を出て降りしきる雨の中、
髪から顔へと冷たい水、
目の中に次から次へと落ちて、
落ちた水は目の中の何かと溶け合って、
少し柔らかい水になって、
それから頬をつたって、
流れていった。
落ちていった。
[PR]
by katsuraf | 2011-01-24 21:17 | Nikon D90

待避場所はここには無い

e0182505_18371766.jpg

どこかにあるとしても、
そこに留まるつもりはない。
[PR]
by katsuraf | 2011-01-23 18:39 | Nikon D90

そこに月はある

e0182505_22363692.jpg

「喪失」に対する恐怖は、
既に喪失感を持っているからで、
それは最初から持っているからで、
何故ならそんな母親から生まれ、
そんな母親に育てられ、
多分、自分も、持っている。

いや、
自分も、
無い。
[PR]
by katsuraf | 2011-01-20 22:41 | Nikon D90

影と像と

e0182505_22245845.jpg

凍り付いた指先の間から、
少しずつの弔いの声にも似た何かが
ぼろぼろとこぼれてゆく
頭の後ろの端っこに住み着いたのは
過去の店の軒先にぶら下がる紫陽花の葉のような
完璧を象ったいつかの自分の遺産
どこもかしこも崩れることを知らず
くるりと回ってはいつもの穴に落ちる
落ちることは知っているんだ、
それでも、
落ちることを選んでいたりするんだ、
この出来損ないの自分は。
[PR]
by katsuraf | 2011-01-20 22:30 | Nikon D90

もう一度声を

e0182505_15193.jpg

[PR]
by katsuraf | 2011-01-20 01:05 | Nikon D90

ジンジャーエールなんて、飲まないんだよ

e0182505_113367.jpg

[PR]
by katsuraf | 2011-01-20 01:02 | Nikon D90

最初に一緒に聴いた歌

e0182505_0591138.jpg

忘れることは、
ないだろう、
普段は聴けないけど、
酔っ払うと聴きたくなる、
だからたまに、
聴くんだよ。
[PR]
by katsuraf | 2011-01-20 00:59 | Nikon D90

冬の色、冬でなくてもの色。

e0182505_22152886.jpg

あの子の写真の色は、
こんな感じだったかな。
いや、全然違うな。

追い求めてはいないけど、
いつも心のどこかに。
あの子の撮る色。
[PR]
by katsuraf | 2011-01-18 22:18 | Nikon D90

殺したい記憶

e0182505_20393259.jpg

殺したい記憶がある。
数年前の数ヶ月間。
今その時のことを思い起こすと吐き気を覚える。
もう二度と思い出したくない。
自分がそこにいたという事実を消し去りたい。
全て消し去りたい。
嫌悪感。

私の、いつも言う「寂しい」は、
それに絡む話では全くない。

拒絶している。
あの記憶と、記憶に絡むものを。
[PR]
by katsuraf | 2011-01-18 20:46 | Nikon D90

「鏡の位置で左手は」

どこにも行けない、
どこにも帰れない、
e0182505_213513.jpg


e0182505_2135518.jpg


e0182505_214071.jpg


e0182505_214530.jpg


e0182505_2141083.jpg


e0182505_2141737.jpg


e0182505_2142262.jpg


e0182505_2153520.jpg

頭が痛い。
心が押しつぶされる。
感情は、
行き場を失って、
自分の中で大きな悲鳴をあげようとしている。
鎮まれ、
鎮まってくれ、
でもそれを器用にコントロールする私の頭は、
今、つぶれかかっている。
[PR]
by katsuraf | 2011-01-17 21:14 | Nikon D90